栗原整形外科ホームページ 栗原整形外科について 栗原整形外科の診療案内 栗原整形外科 院長のごあいさつ 栗原整形外科 院長日記 栗原整形外科へのアクセス よくある質問
BlogList
カテゴリ
6月10日:7月7日は楽しみましょう ジャズライブのお誘い
5月29日:雹・‐18℃の贈り物
5月29日:田んぼに水が入ってます
5月29日:バフ・ビューティ
5月29日:ポールズ・ヒマラヤン・ムスク
5月28日:セリーヌ・フォレスティエ
5月27日:プロスペリティ
5月27日:ファンタン・ラトゥル
5月22日:地元のジャズライブ・炭焼小屋
5月22日:フォース・オブ・ジュライ
5月21日:日食・視力検査?
5月15日:ジャズオルガンの醍醐味 栢本雅子女史 
5月13日:野茨開花
5月13日:黄木香 盛りを過ぎても放つ美
5月12日:ナニワイバラ咲いてます
5月12日:白木香開花
5月12日:コーネリア開花
5月12日:クレマチス 咲いてました
5月 8日:えぐい風 能生
5月 8日:マリンドリームな昼ごはん
ジャズオルガンの醍醐味 栢本雅子女史 
2012年5月15日 (火)
  ジャズオルガンの醍醐味  栢本雅子女史
 先の日曜日の夜、大阪・西梅田でジャズオルガンのライブを聴いて参りました。桜橋の二号線沿い、jazz on topというお店です。
 オルガン奏者、栢本雅子女史によるオルガントリオ、ギター徳永英明氏、ドラムス木村優一郎氏。
 この日のオルガンはハモンドB3。
 さすが、ビンテージオルガンの音は違います。女史によると、この個体は低音がよく出ているとか。途中から少しオーバードライブが強めかな?真空管が熱くなるからでしょうか?
 プレイヤーに恵まれた楽器は幸せです。
 いい楽器と巡り合った名演奏家は、水を得た魚のようです。
 目の当たりにする私たちオーディエンスも、また果報者です。
 女史をはじめ、パーソネルは、ナーバスな場面もなく、緩急取り混ぜた、のびのびとしたインタープレイを繰り広げました。
 ギターの徳永氏は、オルガントリオによくフィットしたギター奏者のようです。コンピング、絶妙です。あるピアニスト曰く、『アドリブよりも、バッキングの巧拙の方が、仕事に呼ばれるかどうかに影響する』とか。ナルホド。私のようなトーシローでも、お名前、聞き憶えあるはずです。
 ドラムスの木村氏、大らかかつ、パワフルなドラミングで、実力のあるユニットを前に引っ張り、演奏をスリリングに演出していました。
 ジャズって、テンポひとつとっても、めちゃ、奥、深いです。
 オンタイムの時計みたいに正確に入る演奏は、文句ないけど、つまんないです。すこし、レイジーな感じがイカスんです。でも、レイジーは度を超すとマンネリでうんざりです。
 レイジー感たっぷりの、あとノリの代表はデクスターゴードンですが、名演を残したスティープルチェイス時代のリズムセクション、あとノリに引きずられずにテンポを前に引っ張ってました。
 前に引っ張っていくテンポには、ついて行くだけの技量がないと、これもヤバいです。テンポ、リズム、タイム、ここではごっちゃになてるかも知れませんが、ご勘弁を。
 MCで、女史曰く『はやっ!』。でも、わたし、まったく安心して楽しく聞けました。
 女史の演奏、いつもながら、ハーモニーが絶妙です。この夜も、この心地よい調べに耳を委ねることができました。
 コンディションに恵まれたライブは余韻が残ります。プロデュースのYSさんにも感謝です。
 格上の、オルガンライブ、聞かせていただきました。
 場も大切です。ジャズオントップ、こんな素敵なライブハウス、続いてほしいな。
   
聴く 奏でる 歌う
栗原整形外科ホームページ 栗原整形外科について 栗原整形外科の診療案内 栗原整形外科 院長のごあいさつ 栗原整形外科 院長日記 栗原整形外科へのアクセス よくある質問
スポーツ障害や外傷は整形外科へ
姫路の整形外科 栗原整形外科